メニュー

MandA

コラム

買収希望のお客様が急増しています

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2019年03月08日(金)

現在マンダでは日本、シンガポールやマレーシア、タイを中心に東南アジアで買収をしたいとご希望のお客様が増えております。
現在公開中の事業売却案件と非公開の案件もございますので、東南アジアの企業で売却を検討している会社がございましたら、是非お問い合わせください。
買収をご希望のお客様をいくつかご紹介させていただき、比較検討が可能です。

事業を売りたい方へ
https://manda-asia.com/sell/sell-2

売却案件のご登録は下記よりご登録ください
https://manda-asia.com/sell/entry

東南アジアのM&A 一問一答 Part2

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年11月23日(金)

■東南アジアで会社を買収または売却したい方へ


●会社の株式を譲渡した後も代表として会社に残ることはできますか?
もちろん可能です。株式の譲渡前に、事前に代表として会社へ残ることを条件にする必要がありますが、中小企業であれば、その会社の創業者が現在の会社のオペレーションや仕組み、人脈によって会社が成長していったことが大きいため、譲渡後のサポートは必要です。そのため、M&Aが成功し、会社を売却した後でも会社の代表として会社に残るケースも多くあります。

 

●会社がいくらで売れるか知りたいです。
デューデリでしっかりとした評価をしていただく必要があります。デューデリにも様々な種類がありますが、一般的に簡易であれば、株価の評価はキャッシュフロー、税、減損がどのくらいあるか、営業利益、引当金などをチェックし評価をしていきます。これらは素人では判断が難しいため、プロに実施をしていただき正確な評価をしていただく必要があります。

デューデリについては別で記事を用意しておりますのでご一読ください。
https://manda-asia.com/column/89-m-a-2/326-tax-2



●初めてアジアに進出します。東南アジアでM&Aを実施するために気をつけることは何ですか?
まず東南アジアで売却を検討するにあたり、現地のルールや法律を理解する必要があります。
例えば、
・不動産を所有する際、100%日系会社が所有することはできず、半分は現地の会社が所有をしなければならないというルールがあるケース
・現地の人を取締役に入らなければならないケース
・現地の人を何人以上雇用をしなければならない
などその国ごとのルールがありますので、ルールや法律を理解していなければ、厳しい措置が取られてしまうこともあります。

そのため、東南アジアに進出するにあたり、現地の会計や法律、ルールを理解したプロフェッショナルを仲介に入れることをオススメしております。
マンダではお客様が安心してM&Aを実施いただけるように、現地事情に詳しく、アジアで展開する主に会計事務所をパートナーとして迎えておりますので、無料でご紹介をさせていただきます。

プロフェッショナルの無料ご紹介
https://manda-asia.com/contact


●サイトで売却案件や買収案件を見つけることはできますか?
もちろん可能です。マンダでは売却をご希望のお客様や、買収をご希望のお客様より多くのお問い合わせをいただいております。
その他案件としてサイト上へ掲載していない案件もございますので、まずはお気軽にご相談ください。仮に現在取り扱いがない案件の場合は、弊社の東南アジアのネットワークを利用し、案件を探させていただきます。



●東南アジア以外で日本のM&A案件や、オーストラリア、アメリカなどの案件もお取り扱いはありますか?
日本のM&A案件はお問い合わせをいただいておりますので、日本会社を日本人に売却したい方や、日本の会社を買収したい日系企業等の案件はございます。しかし、オーストラリアやアメリカ、ヨーロッパなどの案件に関しましては、現在お取り扱いはございません。
マンダは東南アジア、アジア、日本に特化したM&Aのマッチングサイトになります。
弊社の提携先もアジアに特化しておりますので、アメリカやヨーロッパの案件をお取り扱いすることは現時点では難しいです。


今回もよくある質問をいくつかご紹介させていただきました。
次回もお客様よりいただいた質問をご紹介をさせていただきます。

 

 

 

東南アジアのM&A 一問一答 Part1

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年11月06日(火)

■東南アジアで会社を買収または売却したい方へ


●会社を売却したい方はどんな理由で売却したいですか?
日本から海外へ進出してくる会社の方でよく相談がある理由が、
・日本へ本帰国したいため会社を引き継いでもらいたい。
・会社の後継者がいない。
・増資をして会社の規模を大きくしたい。
・利益確定をしたい。
こういった理由で売却を検討している方がいますが、日本人オーナーで海外にある会社の売却であれば、
日本へ本帰国したいため会社を引き継いでもらいたいという理由がマンダでは多いかなという印象があります。
そのため決して会社が赤字だからなどネガティブな理由ではないケースも多く、買い手からすぐに買収希望の問い合わせがあります。

 

●赤字企業でも売却はできるのか?
赤字企業でも売却は可能です。この内容に関しては何度かコラムで取り上げましたが、
また、買い手側が必要としている「技術」「人材」「資産」「会員」「取引先」「立地」などを保有していることで十分売却可能理由となります。

 仮に売却を検討している会社が財務面を見直しても会社の立て直しが難しい会社であったとしても、

・買い手が開拓できなかった取引先を持っている
・優秀な人材がいる
・買い手が獲得できない層の顧客または会員を持っている
・良い立地に出店している、事務所を構えている
・日本の会社であれば海外に進出したいため会社を買収したい

など理由は様々で、一見売却が難しそうな会社または事業であっても売却ができる可能性は十分にあります。
詳しくはこちらの記事を参考にしてください(こちら)

●法律面でも気をつける必要がありますか?
もちろん法律面では気をつける必要があります。海外と日本ではルールが大きく異なりますので必ず現地に詳しい弁護士や会計士などの相談は必要です。
例えばシンガポールであれば会社にシンガポリアンまたはPR(永住権保有者)のDirectorを入れなければいけない、
その他東南アジアの国では買収した会社が土地を持っている場合、土地の保有を100%を日本人が所持できず現地の人間と簡単に言うとシェアをしなければならないなど、法律面でのルールは各国によって異なります。

もちろんネガティブな部分だけではなく、例えばシンガポールであれば有名な税制メリットがあります。

法人税 最大で17%(日本の法人実効税率は約40%)
課税所得控除 300,000シンガポールドルまでは実効税率が8.5%程度
グループ合算税制 グループ会社における繰越欠損金、または繰越される減価償却についてはグループ内の会社に移転が可能
キャピタルゲイン  非課税(キャピタル・ロスや、それらに関連する費用も費用として損金になりません。)
個人所得税 最大で20%
住民税 非課税
 相続税 非課税


税制メリットについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。(こちら)
どのような税制メリットがシンガポールにはあるか記載しています。

今回は3点のよくある質問を掲載しました。
次回のコラムもよくある質問を実際にあった事例を交えて記載をしますので、東南アジアでM&Aを検討している方や、
海外進出を検討している方は是非チェックしてみてください。

 

 

東南アジアでの事業売却

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年10月10日(水)

■アジアでM&Aが活発に:会社を売却したい方ご相談ください

sompanysell
●事業を買収したい方が増えてきています
最近、会社を買収をしたいという問い合わせが急増しております。今日本の景気が良いから、、他の事業参入のためにアジアでなんでも良いから事業を買収したい、、アジアへ進出したいなど、様々な理由で買収相談があります。マンダではホームページの特徴にも記載がある通り、買い手(買収希望者)が多くご登録いただいております。
そのためアジア全域で事業を売却したい方や会社売却、店舗売却などを検討している方は、マンダへ無料登録もしくはご相談いただければ比較的早く買収先が見つかります。是非ご相談ください。

 

●店舗・会社・事業を売却したい方へ
アジアへ進出したがなかなかうまくいかず撤退や廃業を考えているのであれば、まずは売却を検討して見てください。廃業をする場合、廃業や撤退することにも実はかなりお金がかかります。そのため、まずは売り切ってしまうことを検討される方も多くいます。
または廃業や撤退が理由ではなく、今黒字が出ている会社で利益確定をするために売却を検討されているオーナーもたくさんいます。この場合、売却益を多く獲得ができる可能性が高まります。黒字会社が欲しいという買収先はマンダにも多く問い合わせがありますので!

しかし、赤字会社だからといって売却が難しいかというとそういうわけではありません!!

赤字企業であったとしても、赤字の原因が何なのか、回復が見込めるかが明確であれば売却できる可能性が高くなります。それ以外にも、買い手側が必要としている「技術」「人材」「資産」「会員」「取引先」などを保有していることも売却可能理由となります。
詳しくは以前記載させていただきました「赤字企業でも売却できるの?」をご覧ください(こちら)

赤字企業でも売却は可能です。まずはマンダへご相談ください。

 

●売却にこんなお悩みがある方はマンダへ
・アジアにある会社を撤退、または廃業を検討している
・会社、店舗、一部事業のみでも売却をして利益確定をしたい
・引退を考えている
・後継者がいない(後継者不足)
例えばこういったお悩みがある方は是非マンダへご相談ください。事務局もシンガポールにあり、長年シンガポールを拠点にアジア全域でビジネス経験が豊富なスタッフが在籍しているため、多くのネットワークがあります。


●マンダの強み

マンダは多くの買収先の情報を持っております。日本だけではなく、アジア各国に買収先や投資家のネットワークがありますので、売却を検討している方は比較的早くご紹介が可能です。
また、マンダにはアジア各国で事務所を構えているプロフェッショナルと提携しております。もしマンダに条件の合う買収先の情報がない場合、プロフェッショナルをご紹介させていただきます。彼らも長年アジア、主に東南アジアで活躍していますので豊富な経験と多くのネットーワークを持っております。
このようにマンダのネットワーク、プロフェッショナルのネットワークをご活用いただくことでより条件にマッチする買収先をご紹介することができます。


●売却案件の掲載から売却までの流れ
1、まずは売却情報をご登録ください。ご登録はこちら
2、事務局がマンダのサイトへ掲載します。
3、事務局より売却掲載が完了次第、条件にマッチする買収先へお声がけします。案件があり次第ご紹介させていただきます。
4、より多くの買収先の紹介が必要な場合、お客様の許可の元プロフェッショナルをご紹介いたします。
5、プロフェッショナルよりお客様へ直接ご連絡をさせていただき案件をご紹介。
6、売却の条件が整い売却完了!!
7、売却が完了した旨を事務局までお知らせください。
※お知らせいただき、匿名で成功事例として掲載いただける場合マンダへは一切のお支払いがございません。
→ご利用の流れの詳細はこちら

その他情報につきまして

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

東南アジア M&A:インドネシア

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年09月27日(木)

タイ、ベトナム、マレーシアの情報やM&Aに継いで、今回はインドネシアの会社や店舗のM&Aについてご紹介をさせていただきます。

 

■M&A事情:インドネシアについて
jakarta
●インドネシアに進出する企業

インドネシアの一番の魅力はまずはその人口にあります。現在2億6000万人という人口はアメリカに次ぐ世界4位の巨大な国の一つです。また昔と比べて所得が高くなり中間層が増えてきています。インドネシアの人口と経済成長性というポテンシャルの高さから、首都のジャカルタを中心に日系企業が近年続々と進出しています。

また、インドネシアの国土はとても広大で農林水産物を中心に資源が豊富で、石炭や天然ガス等の資源を求め大手商社が何社も参入しました。

しかし国土が広大で経済成長が発展してきていますが、急激な成長であるためまだまだインフラの整備が整っておらず、停電も多く水道の水も十分に気をつける必要はあります。更に渋滞がひどく、ジャカルタ都心部から空港へはタクシーで通常45分程度で到着をするはずが、日中は2時間〜3時間かかってしまうことはよくあります。急激な経済成長の背景にはまだまだ未発展の箇所が多いのも事実です。


●インドネシアでのM&Aや売却、出資のニーズについて

インドネシアでは、上記記載の通り経済成長をしている国の一つです。そのため、インドネシア国内のローカル企業であれば、今後の成長を見越して出資者に対して資金調達を依頼したいという相談が多く見受けられます。以前は資源の豊富なインドネシアの会社は、石炭や天然ガス等を扱う会社が出資を募ったり、売却案件としてよく出ていました。

その他、労働賃金がまだまだ低い(平均月収3万円程)ため、製造業など工場やメーカーの売却や出資が多い印象です。しかし、最近になり資源の会社や製造業だけではなく、サービス業(店舗、小売、ホテル)やIT関連の会社、サプライヤーなどの物流や不動産会社も売却したいという相談を受けることも多くなりました。
これはインドネシアの経済成長と共にサービス業やその他の産業が外資の出資によりインドネシアへ参入してきた結果でもあります。

ジャカルタだけでなく、有名観光地のバリも店舗やホテルの売却、また買収をしたいという出資者の相談もあります。

現在インドネシアで買収を検討されている方は、具体的にはこういった案件を探しております。
・ジャカルタやバリで飲食店を買収したい(日系飲食店)
・インドネシアにあるの製造業、工場を買収したい
・インドネシアにある物流会社を買収したい。
※具体的には流通が欲しいため飲食店のサプライヤや現地配送業者や物流関係であればなんでも相談可能。他にありますが、こういったご相談を多く承っています。

インドネシアで売却を早急にしたい方、事業拡大のために出資を募っている方はマンダへご相談ください。インドネシア全般で対応ができるプロフェッショナルや、マンダにご登録をいただいている買い手や出資者をご紹介させていただきます。

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry

このように、インドネシアにおいてM&Aは経済成長や外資の参入によりこれからどんどん活発になっていきます。



●日系企業のインドネシア参入メリットについて
インドネシアは、参入のメリットを活かそうと、コスト的に安く抑えらる製造拠点として考えられていました。しかし現在は、インドネシアを「物の販売市場」として捉えられるようになってきています。所得の増加と人口世界4位のパワーは計り知れず、製造だけではなく販売先としてシェアを確保する動きが頻繁になっています。


余談にはなりますが、インドネシア人の友人から聞いた話ですが、インドネシア人特にジャカルタで働く人たちは今積極的に借金をするみたいです。バイク購入のローン、スーツまで購入にローンを使う、車もローン、教育ローンなどローンを使う傾向にあり、これは今後どんどん取得が上がるとわかっているからと言っていました。

更に皆スマホを持っています。iPhoneは高額なので少し購入しずらいみたいですが、格安のスマホを購入し自分たちでSIMカードを契約して使っています。インドネシアの町を歩いているとかなりの人がスマホを使っています。
つまり先ほどの販売市場としてみた時に、ECサイトやECアプリで物を買うことができるということです。渋滞が多く、物流こそ今後の課題になってくるかと思いますが、人口を考えるとものすごい可能性ですね。また、情報を取得する力や自分たちで何かを生み出すことが今後増えていきそうですね。



●マンダの強み
マンダにご登録をいただくことで、無料でインドネシアの会社、事業、店舗等を買収、売却を検討してる企業をマッチングさせることができます。
また、アジアに特化しているためアジアでの買収に積極的な買い手が多く登録されています。
その他、アジア全体で活躍するM&Aのプロフェッショナルの無料紹介により最適な案件を素早く見つけることができます。


●こんなお悩みがある方はマンダにご相談ください。

・インドネシアのジャカルタ、バリ、などで事業や会社、店舗を買収したい、または売却したい。
・インドネシア現地にある会社を廃業したい、または撤退を検討していて売却を考えている。

・インドネシアに進出したい→現地プロフェッショナルを無料でご紹介させていただきます。
その他ご相談も承っております、M&Aによる事業売却や事業買収、進出につきましてお気軽にマンダへご相談ください。

無料で掲載をすることができ、掲載をすることで直接事業の売買について企業から問い合わせを募ることができます。

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

東南アジア M&A:マレーシア

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年09月21日(金)

タイ、ベトナムの情報やM&Aに継いで、今回はマレーシアの会社や店舗のM&Aについてご紹介をさせていただきます。

 

■M&A事情:マレーシアについて
malaysia2
●マレーシアに進出する企業

マレーシアは東南アジアのハブ国として有名なシンガポールの隣に位置する国です。人口は約3,200万人と大きな国ではありませんが、出生率が高く、若者も多い国であり、GDPも伸び続けているため、国民一人一人の取得も年々増加しています。
例えば、シンガポールと隣接しているマレーシアのジョホールバルでは、シンガポリアンやシンガポールに駐在している日本人が多く訪れることも要因の一つだが、物価が上昇を続けショッピングモールで販売されている日用品の価格が、物価が高いシンガポールで購入する金額とほとんど変わらなくなってきています。

近年、首都のクアラルンプールには、高層ビルが建設され、電力環境やインフラが整ってきているため、日本人でも生活がしやす環境にあります。また、マレーシア人は英語の教育を受けているため英語も通じます。

ビジネス面からすると、マレーシアは積極的に外資企業を誘致しています。

マレーシア政府は、2009年より、資本規制緩和や規制の撤廃を発表し、マレーシアへの投資促進を目的に、外資の参入を自由化してきました。このマレーシアの外資参入自由化により、新規参入企業について、外資100%での参入が認められる分野が広がっています。これに伴い、マレーシア政府は外国投資委員会のガイドラインも撤廃され、外国人保有の法人によるマレーシア企業の合併、承継、買収において、外国投資委員会の承認は不要となります。

マレーシアは人口の増加、GDPの増加、個人取得の増加、国として外資企業を積極的に誘致していることもあり、日系企業はもちろん、欧米各国からも注目を浴び、近年多くの国がマレーシアに進出しています。



●マレーシアでのM&A 売却と買収ニーズについて

現在マンダでは、マレーシアでの日系企業の売却以上に、マレーシアにある現地ローカル企業や現地にある日系企業を買収したいというニーズが多くあります。もちろん売却のご相談も多く寄せられてはいますが、それ以上に買収したいというご相談を多くいただいております。

マレーシアで買収を検討されている方は、具体的にはこういった案件を探しております。
・マレーシアで飲食店を買収したい(日系飲食店)
・マレーシアのメーカーを買収したい(現地ローカル繊維メーカー)
・マレーシアの物流会社を買収したい
・マレーシアのサプライヤーを買収したい
他にありますが、こういったご相談を多く承っています。

反対にマレーシアで売却を検討されている方は、下記のような売却先です。
・マレーシア現地にある日系飲食店
・マレーシアにある不動産会社
・マレーシアにあるPC修理やインターネット整備会社
・マレーシアにあるメーカー
他にもありますが、こういった案件があります。


このように、マレーシアにおいてM&Aは活発になってきています。
特に日系企業であれば、グローバル化において、M&Aによる海外企業の買収は企業価値の向上において欠かせないため、0から進出して現地のルールや市場を理解しないまま進出するのであれば、現地にある会社を買収して、ノウハウや人材、買収先が持つ顧客を購入するという意味で買収を選択します。その中で、マレーシアにおける経済成長率や、人口増加、外国企業の規制緩和等は魅力的で、多くの企業よりマレーシアでの事業や会社、飲食店等のサービス業、小売などの買収や売却でマンダではM&Aの相談を多く承っています。

●マンダの強み
マンダにご登録をいただくことで、無料でマレーシアの会社、事業、店舗等を買収、売却を検討してる企業をマッチングさせることができます。
また、アジアに特化しているためアジアでの買収に積極的な買い手が多く登録されています。
その他、アジア全体で活躍するM&Aのプロフェッショナルの無料紹介により最適な案件を素早く見つけることができます。


●こんなお悩みがある方はマンダにご相談ください。

・マレーシアのクアラルンプール、ペナン、ランカウイ、ジョホールバルなどで事業や会社、店舗を買収したい、または売却したい。
・マレーシア現地にある会社を廃業したい、または撤退を検討していて売却を考えている。

・マレーシアに進出したい→現地プロフェッショナルを無料でご紹介させていただきます。
その他ご相談も承っております、M&Aによる事業売却や事業買収、進出につきましてお気軽にマンダへご相談ください。

無料で掲載をすることができ、掲載をすることで直接事業の売買について企業から問い合わせを募ることができます。

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

東南アジア M&A:ベトナム

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年09月14日(金)

今回はベトナムの会社や店舗のM&Aについてご紹介をさせていただきます。
現在東南アジアでのM&Aが活発になってきております。特にシンガポール 、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、ミャンマーなど様々な国でM&Aは近年頻繁に行われるようになりました。先進国が次々と進出し現地の生活水準も上がり所得も年々増えてきてます。しかし、まだまだ労働賃金も安く物価も安いことも事実。
そのため東南アジア市場への投資や進出はまだまだこれからです。その中でM&Aという手法が注目されています。

■M&A事情:ベトナムについて
hanoi
●ベトナムに進出する企業

ベトナムは地理的に経済大国中国に隣接し、東南アジアのハブとして注目されてきているタイにも近い位置にあります。また人口は約9,500万人と増え続け、1億人は突破するだろうと言われています。また、ASEANの中でも平均年齢が若く、若い労働者を確保することができます。ベトナム人はまじめで勤勉な人が多いですがまだまだ人件費が安いことも事実です。

地理的にも良く、人口も多く増え続け、そして若くて質の良い人材を低コスト雇えることから、海外の企業から注目を浴び、進出する会社が増えてきています。

ベトナムは上記記載のようにこれから成長著しい国であるため、その魅力からベトナムに進出する企業はたくさんありますが、成功は正直簡単ではありません。日本で成功をすることとは違い、まず現地を理解する必要があります。

基本的なことを言えば、例えば現地で商材を売る場合は、現地でのニーズはもちろん、
税制はどうなっているか?
販売のライセンスは何が必要か?
営業ルートは?
営業ノウハウは?(どうやって営業や広告をかけるか)
交通手段は?
ベトナム人ってどんな人種?
など進出する前に考えなければならないことがたくさんあります。

結局やってみないとわからない!ということで勢いよく進出しても、現地の習慣やルール、人を理解していかないと、コミュニケーションが取れず現地を理解することができないのでなかなか難しいです。
そのため進出する企業は、0から立ち上げるのではなく、ベトナム現地の会社をM&A(買収)することで、これらの問題を解決し効率よく進出を検討しているケースも少なくありません。


●ベトナムでのM&A 売却と買収ニーズについて

進出については上記記載の通りまだまだ進出する企業は多くあります。しかし、新興国ブームで進出した会社の中には、ベトナムの店舗や企業の売却や撤退を検討している会社もあります。
ハノイやホーチミンなどベトナムの大きな都市に日系企業は多くありますのが、競争が激化してきて自社の優位性がなくなってきてしまった、、とご相談があったお客様もいました。

それこそ、ハノイやホーチミンの日系の飲食店であれば、店舗が多く競争が激しくなってきております。日本の駐在員もこの辺りに住んでいる人が多いので、店舗はやはりこの辺りに集中していきます。競争の激化により撤退をするか売却をするかという選択の中で、撤退をするのであれば、売却を検討する方がほとんです。

会社、事業、店舗を売却したいというベトナムにある日系企業が多くある一方で、これからベトナムに進出するため、現地の企業を買収したいという会社多くあります。

特に日系企業であれば、グローバル化において、M&Aによる海外企業の買収は企業価値の向上において欠かせないため買収を選択します。その中でベトナム人の親日で勤勉な人種は、進出しやすい国の一つなため、ベトナムのM&Aのニーズは今後さらに増していきます。


●マンダの強み
マンダにご登録をいただくことで、無料でベトナムで会社、事業、店舗等を買収、売却を検討してる企業をマッチングさせることができます。
また、アジアに特化しているためアジアでの買収に積極的な買い手が多く登録されています。
その他、アジア全体で活躍するM&Aのプロフェッショナルの無料紹介により最適な案件を素早く見つけることができます。


●こんなお悩みがある方はマンダにご相談ください。

・ベトナムのハノイ、ホーチミン、ダナンで事業や会社、店舗を買収したい、または売却したい。
・ベトナム現地にある会社を廃業したい、または撤退を検討していて売却を考えている。

・ベトナムに進出したい→現地プロフェッショナルを無料でご紹介させていただきます。
その他ご相談も承っております、M&Aによる事業売却や事業買収、進出につきましてお気軽にマンダへご相談ください。

無料で掲載をすることができ、掲載をすることで直接事業の売買について企業から問い合わせを募ることができます。

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

東南アジア M&A:タイ

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年09月03日(月)

シンガポールだけではなく、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、ミャンマーなど様々な国でM&Aは近年頻繁に行われるようになりました。その理由の一つに、東南アジアへの各国からの進出が多いことにあります。日系企業の進出が多いですが、欧米からの進出も多く、東南アジアのGDPも成長していくにつれて、少しずつ現地駐在員も生活がしやすくなって来たこともあります。

M&Aは現地へ0から進出して時間とコストをかけて少しずつ大きくしていくよりも、既に現地にある企業を買収することで人員、ブランド、ノウハウを得ることができ、結果的に時間もコストも抑えることができます。今回からは東南アジアのM&A事情について各国の事情を記載していきます。

 

■M&A事情:タイについて
thai bangkok
●タイに進出する企業について

タイはシンガポールに次ぐ、アジアマーケットのハブとなりつつあります。その一つの理由として、タイは東南アジアの各国の中間地点にあるハブ国として、世界中へ飛行機の便が出ております。
代表的な例としては輸出の中間地点として利用されている拠点になっております。
タイはバンコクを中心に、ASEANの中でも近年大きく発展をしている国で、現地人の所得が増加しており、富裕層は拡大しております。また、日本企業が次々と進出をしており、日本食や医療の発展により現地で駐在員が住みやすくなってきています。

ただ、まだまだ人件費が安く、進出しやすい環境であることは確かです。事業コストが安く抑えられる上に、ハブ国として利用をすることができるために、各国がタイに進出しております。

しかし、タイに進出企業が増え続けている一方で、事業撤退をしてしまう会社、事業継承者がおらず廃業を余儀なくされてしまう会社も多くあります。


●M&Aを検討
タイに進出をする企業が多い中で、事業継続困難なことから廃業や撤退を検討し、売却を検討される会社に多くご相談をお受けしております。
売却の理由はそれぞれではありますが、タイで事業を売却したいと検討中の企業であれば、その事業を買収したいという会社も現在は比較的早く見つかります。その理由として、上記で述べた通り、タイに進出したい企業はまだまだたくさんいるからです。

また、タイで事業を拡大したいが新しいエリアでの展開にあたり事業を買収して会社を大きくしたいというご相談もあります。

現在、マンダ(MadnA)では、タイで売却したい事業、買収したい会社様より多くご相談を受けております。


●マンダの強み
マンダにご登録をいただくことで、無料でベトナムで会社、事業、店舗等を買収、売却を検討してる企業をマッチングさせることができます。
また、アジアに特化しているためアジアでの買収に積極的な買い手が多く登録されています。
その他、アジア全体で活躍するM&Aのプロフェッショナルの無料紹介により最適な案件を素早く見つけることができます。


●こんなお悩みがある方はマンダにご相談ください。

・タイのバンコクやチェンマイで事業を買収したい、または事業を売却したい。
・タイにある会社を廃業したい、または撤退を検討していて売却を考えている。

・タイに進出したい→現地プロフェッショナルを無料でご紹介させていただきます。
その他ご相談も承っております、M&Aによる事業売却や事業買収、進出につきましてお気軽にマンダへご相談ください。

マンダではM&A案件を匿名で掲載をすることで、買収先と売却先をマッチングすることができます。
無料で掲載をすることができ、掲載をすることで直接事業の売買について企業から問い合わせを募ることができます。

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

事業譲渡の注意点

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年08月21日(火)

シンガポールの飲食店やサービス業の店舗を買収する際、 大家(Landload)との賃貸契約もそのまま移行されます。


大前提として知っておいて頂きたいのが、契約上大家側が圧倒的に強くテナント側は非常に弱い立場となっており住居の場合も同様です。


酷い大家になると契約期間満了で次回更新をしたいとオファーを出すと、 現契約の賃料の2倍を掲示され、払えないなら別テナントを入れると言われてしまい、ビジネスの継続を断念したと言う話をよく耳にします。


また大家側の都合でモール全体のコンセプトを変更・リノベーションをするからと言うこと強制退去を命じられる話も後を立ちません。
その場合の撤退コストは全てテナント負担というケースも多くあり、 多くの企業が泣き寝入りをしているが現状です。


そういったケースも多くあるので、 契約書の把握も当然ですが新規契約時は必ず弁護士に依頼をし、 リーガルチェックを行うことをオススメします。 また譲渡の場合はデューデリジェンスで数値的なことだけではなく、 契約書の内容と必ず大家との関係性も合わせて確認することをオススメします。

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

クロスボーダーM&Aの注意点

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年08月16日(木)

シンガポールに進出する為にクロスボーダーで買収を計画している企業が年々増加しております。

シンガポールへの進出のメリットとして100%外資、ビジネスインフラ、税務面、ASEANの統括拠点等様々なメリットがあります。 ただシンガポールは東南アジアでダントツに物価が高く新規でビジネスを立ち上げるには多くの費用が必要になってくるので、既存の事業を買収することでイニシャルコストを抑えることが可能となるため、多くの企業がクロスボーダーのM&Aを検討されています。

中ではクロスボーダーのM&Aを安易に考え、プロフェッショナルに依頼をせず、自分達だけでM&Aを行ってしまい最終的に火傷ではすまなかったという話を耳にします。 クロスボーダーでのM&Aを検討される場合は弊社パートナー企業のプロフェッショナルをご紹介できますので一度ご相談下さい。


M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

© M&A All Rights Reserved.