メニュー

MandA

コラム

東南アジア M&A:マレーシア

カテゴリ: M&Aについて 作成日:2018年09月21日(金)

タイ、ベトナムの情報やM&Aに継いで、今回はマレーシアの会社や店舗のM&Aについてご紹介をさせていただきます。

 

■M&A事情:マレーシアについて
malaysia2
●マレーシアに進出する企業

マレーシアは東南アジアのハブ国として有名なシンガポールの隣に位置する国です。人口は約3,200万人と大きな国ではありませんが、出生率が高く、若者も多い国であり、GDPも伸び続けているため、国民一人一人の取得も年々増加しています。
例えば、シンガポールと隣接しているマレーシアのジョホールバルでは、シンガポリアンやシンガポールに駐在している日本人が多く訪れることも要因の一つだが、物価が上昇を続けショッピングモールで販売されている日用品の価格が、物価が高いシンガポールで購入する金額とほとんど変わらなくなってきています。

近年、首都のクアラルンプールには、高層ビルが建設され、電力環境やインフラが整ってきているため、日本人でも生活がしやす環境にあります。また、マレーシア人は英語の教育を受けているため英語も通じます。

ビジネス面からすると、マレーシアは積極的に外資企業を誘致しています。

マレーシア政府は、2009年より、資本規制緩和や規制の撤廃を発表し、マレーシアへの投資促進を目的に、外資の参入を自由化してきました。このマレーシアの外資参入自由化により、新規参入企業について、外資100%での参入が認められる分野が広がっています。これに伴い、マレーシア政府は外国投資委員会のガイドラインも撤廃され、外国人保有の法人によるマレーシア企業の合併、承継、買収において、外国投資委員会の承認は不要となります。

マレーシアは人口の増加、GDPの増加、個人取得の増加、国として外資企業を積極的に誘致していることもあり、日系企業はもちろん、欧米各国からも注目を浴び、近年多くの国がマレーシアに進出しています。



●マレーシアでのM&A 売却と買収ニーズについて

現在マンダでは、マレーシアでの日系企業の売却以上に、マレーシアにある現地ローカル企業や現地にある日系企業を買収したいというニーズが多くあります。もちろん売却のご相談も多く寄せられてはいますが、それ以上に買収したいというご相談を多くいただいております。

マレーシアで買収を検討されている方は、具体的にはこういった案件を探しております。
・マレーシアで飲食店を買収したい(日系飲食店)
・マレーシアのメーカーを買収したい(現地ローカル繊維メーカー)
・マレーシアの物流会社を買収したい
・マレーシアのサプライヤーを買収したい
他にありますが、こういったご相談を多く承っています。

反対にマレーシアで売却を検討されている方は、下記のような売却先です。
・マレーシア現地にある日系飲食店
・マレーシアにある不動産会社
・マレーシアにあるPC修理やインターネット整備会社
・マレーシアにあるメーカー
他にもありますが、こういった案件があります。


このように、マレーシアにおいてM&Aは活発になってきています。
特に日系企業であれば、グローバル化において、M&Aによる海外企業の買収は企業価値の向上において欠かせないため、0から進出して現地のルールや市場を理解しないまま進出するのであれば、現地にある会社を買収して、ノウハウや人材、買収先が持つ顧客を購入するという意味で買収を選択します。その中で、マレーシアにおける経済成長率や、人口増加、外国企業の規制緩和等は魅力的で、多くの企業よりマレーシアでの事業や会社、飲食店等のサービス業、小売などの買収や売却でマンダではM&Aの相談を多く承っています。

●マンダの強み
マンダにご登録をいただくことで、無料でマレーシアの会社、事業、店舗等を買収、売却を検討してる企業をマッチングさせることができます。
また、アジアに特化しているためアジアでの買収に積極的な買い手が多く登録されています。
その他、アジア全体で活躍するM&Aのプロフェッショナルの無料紹介により最適な案件を素早く見つけることができます。


●こんなお悩みがある方はマンダにご相談ください。

・マレーシアのクアラルンプール、ペナン、ランカウイ、ジョホールバルなどで事業や会社、店舗を買収したい、または売却したい。
・マレーシア現地にある会社を廃業したい、または撤退を検討していて売却を考えている。

・マレーシアに進出したい→現地プロフェッショナルを無料でご紹介させていただきます。
その他ご相談も承っております、M&Aによる事業売却や事業買収、進出につきましてお気軽にマンダへご相談ください。

無料で掲載をすることができ、掲載をすることで直接事業の売買について企業から問い合わせを募ることができます。

M&Aプロフェッショナルご紹介→https://manda-asia.com/contact
M&A売却案件を登録→https://manda-asia.com/sell/entry
M&A買収案件を登録→https://manda-asia.com/buy/entry2

© M&A All Rights Reserved.